殺戮人形――アヤメ

| EDIT

アヤメ

『殺戮人形』に登場するアヤメこと影女
 影女は普通に妖怪でも存在してますが、元ネタはそれ。性質上あっちは障子に女の影が写るだけですが、こっちは影の中に入ったり影から影へ移動したりと神出鬼没。影さえあれば何処へでも自由に移動出来ちゃう感じ。もちろん質量を持ってますので、物を掴んだりすることも出来ます。
 髪はくせっ毛のロングカット。真っ黒なので判別はつきませんが、本人曰く「服は着ていない」とのこと。つまりすっぽんぽんです。真っ黒なのでビジュアル的には何も問題はありませんが。ちなみに許可なくおっぱいを揉むと引っ叩かれます。
 こういう怪異がどうのという作品を書く際、一人はどうしても作りたかった……こういう人型なんだけど明らかに人じゃないビジュアル。無論こういう見た目の子に限ってめっちゃ性格良いという一部の方には凄くウケの良さそうな設定も組み込んであります。

 怪異としての能力は影から影への『移動』と対象を影の中へと引きずり込む『暗転』。
 特別殺傷力のある能力は有してませんが、チート具合は多分リツよりこの子の方が上ですね。あれです。多少制限付きではありますが、東方の八雲紫のスキマ能力みたいなものです。影さえあれば何処にでも現れることが出来る上、影さえあれば何でも吞み込めるので。

 ちなみに、
アヤメ(デフォルメ)
 見た目が見た目なので、こういうデフォルメちっくな感じにして遊ぶことも多々あります。
 例え全身真っ黒でも、人懐こくて茶目っ気のある子だったら是非憑りついて欲しい。

雪姉の設定画が出来たッ!

| EDIT

 こないだ言っていた『平成妖奇談』に登場する主人公の姉、柊雪奈。通称雪姉
 設定画が一段落ついたので一先ず掲載!
雪奈イメージイラスト用設定画
 使える妖怪の力は雪女の二種類です。なので武装は手甲(籠手)と脛当て。ゴツくしちゃうとイメージに合わないと思ったので、女性らしさを意識してスマートなフォルムを心掛けました。彼女に何故雪女だけでなく鬼の要素も入れたかについてはまた追々……。並々ならぬ拘り故なのですが、言葉だけでは説明し辛いのでいずれ絵付きで解説したいと思います(`・ω・´)

 これは今月末頃に描く予定の『平成妖奇談』のイメージイラストのための設定画ですね。なので必要最低限の設定しか描かれてませんが……これだけで一週間近く要しました。ヤバいですね。同じように描かなきゃいけないのがあと二人もいるんですよ。ヤバいです。このままのペースだと今月妖奇談の絵描くだけで終わっちゃいます(;・д・)
 他にも色々描きたいのとか書きたいのが沢山あるので気張ってやらなければ――ッ!!



 でも今月映画も観に行きたい _(:3」∠)_
 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」観たいねん

殺戮人形――リツ

| EDIT

リツ設定画

『殺戮人形』に登場するメインキャラ。名前らしい名前は持っておらず、隼人に名付けられた名前がリツ
 人形の怪異。姿が人のそれにかなり近いためか、他の怪異に比べて人の考え方や感情はある程度理解している。興味のあるものに対しては異常な執着を見せ、いざという時は身を挺して守ろうとさえするところから、登場する怪異の中で一番人間らしいとも言える。
 その反面自分の興味のある事柄、対象以外には一切干渉するつもりはなく、例え見知った顔が目の前で危険な目に遭っていたとしても助けることはない(作中においては隼人と竜姫のみが興味の対象であり、それ以外の人間・怪異は全て対象外)。むしろ自分にとって面白い展開になると感じた場合は、嬉々として加害者側に手を貸す事も。

 怪異としての本質は「操作」と「風圧」。
 前者は目視で確認可能な距離であれば、糸で繋いだ対象を自在に操作出来る。この糸は実体のあるものなので、縛り付けたり物体を切り裂いたりするのに用いることも可能。後者は任意で暴風を起こし、対象に直接的危害を加える。鎌鼬による裂傷や風圧による圧死等の殺傷力の高いものからスカート捲りのような悪戯レベルのものまでと、その用途は幅広い。
 能力の副産物として気配を消す能力も備わっている。元々怪異は一部の人間にしか認知出来ない存在だが、彼女のみ、その一部の人間や他の怪異にも見えないように姿も気配も消せる。

 趣味は人間観察と読書、お洒落。
 好きなものはイレギュラーな行動を取る人間で、嫌いなことは裸を見られること。これはいらやしい意味ではなく、人形としての自分の身体を他人に見られることをひどく嫌っているため。
 怪異になる前の人形だった時代にぞんざいな扱い方をされたため、怪異となった今でも自分を大切にしてくれる主を捜している。

KAIZA キャラ設定

| EDIT

 中二病におかされていた中学二年生の頃に書いていたSS及び漫画のキャラ設定。
 究極的に薄れつつある記憶を辿って掘り起こしてみる。
 意味も需要も無い存在だがまあこのまま無かったものにしてしまうのもアレなんでね
 供養的な意味も含めてちょろちょろっと書き出してみようじゃないか

 当時の絵も一緒に載せながらな!!!


 内容は追記から

↑